機械

下記は、最近新規導入した大型対応機械を紹介しています。

複合大型ドア加工機

2023年3月導入予定
ドアの取っ手、錠前などの金物などを取り付けるための切削加工やデザイン加工を行います。当社3台めとなるこの最新NC機は、2.4mを超える大型ドアの加工が可能です。

ベルトサンダー

厚さを指定して表面を研磨します。

コールドプレス

コールドプレスは全部で6台ありますが、このコールドプレスは1.2m×4.6mまでの大型フラッシュドアが製作可能です。ホテル、体育館、結婚式場等の大型ドア・建具を製作しました。

大型建具組立加工機

2017年導入
無垢框戸建具、大型建具組立に使用します。H寸法3000㎜まで対応可能。

クロスカットソー

2020年導入
木材を横挽き(繊維に直角にカット)します。W寸法600㎜まで対応可能。長尺の大型材も、切断可能なことが特徴です。

リップソー

2020年導入
木材を縦挽き(繊維と同じ方向にカット)します。85㎜厚みの大型材も、高精度に切断可能です。(従来機は65mmまで)

パネルソー

2020年導入
パネル材を切断します。H寸法3000㎜、厚み80㎜までカット可能です。

工場

本社工場(事務所棟)

本社事務所と同じ棟の本社工場。従来の和室建具や、寺社仏閣などへの製品を製作しています。築60年。

第2工場

大型建具組立加工のために2005年増設。大型建具組立加工機、NCドア加工機、コールドプレス、横切り盤などを設置し、現在は、フラッシュドアの製作も行っています。

第3工場

材木の切断加工処理を行うため、2020年増設。使用目的に応じて、どのように木材を切り出すかを決める「木取り」を行う、当社の最上流の工程です。

第4工場

2020年増設。主に、塗装、最終仕上げなどを行い、多くの製品がここから出荷されます。小学校の体育館で使用されていた古材丸太を使用した天井は趣があり、視察ツアーで人気です。

木の工房MokSAITO

DIYを応援する店舗施設として2023年オープン。工程から発生する素材・端材を提供する他、オリジナル商品も販売していきます♪